腕時計投資の魅力とは? メリット・デメリットを中心に徹底解説

    2023.01.25

    腕時計投資が注目を集めています。例えば、近年のロレックスの投資利回りは金、不動産、株を上回るとも言われています。

    初期費用はかかるものの、運用コストが比較的かからず、なんといっても自分で身につけ、楽しみながら運用できるのが腕時計投資の最大の魅力です。狙い目の銘柄や買い付け方法など、具体的なノウハウを含め、腕時計投資のイロハを紹介します。

    腕時計投資の概要

    腕時計投資の特徴とは?

    腕時計投資の仕組みは極めて単純で、高級腕時計を購入し、購入時の価格より上がれば売却し利益を得るという投資方法です。

    値段が上がる理由

    高級腕時計の値段が上がる理由は「プレミアがつく」からです。

    住宅や車などの「モノ」は購入した瞬間から価値が下がります。基本的には高級腕時計も該当しますが、中には購入時より値上がりするものもあるのです。

    高級腕時計は、一つ一つ職人の手作業によって作られるため、大量生産はできません。人気のモデルやブランドの腕時計は、需要に対して供給が不足しているため「定価より高くても買いたい」という人が現れ、売価よりも値段が上がるのです

    また、いつまでも使い続けることができる点も値段が上がる理由でしょう。機械式の時計は発売から10年ほど経過すると、メーカーが部品の製造をストップし、修理ができなくなる場合があります。

    しかし、高級腕時計の場合、何年たっても修理可能なブランドが少なくありません。例えばロレックスは、30年の修理保証があります。つまり、高級腕時計は半永久的に修理でき、そのぶん価値が下がりにくいため投資対象になるのです。

    どれくらい儲かるのか?

    実際に腕時計投資で、どれくらいの利益が得られるのでしょうか。ヴィンテージウオッチの再販・取引を行うアメリカのオンラインマーケットプレイス「Bob's Watches」の2022年2月時点のデータによれば、ロレックスの投資利回りは金、不動産、株を上回っています。

    例えば、ロレックスのデイトナというモデルは新品・中古を問わず、実売価格が定価を大きく上回ると言われていますが、実際2017年には200万円強だったものが、2022年には600万円に届く勢いで値上がりしています。

    腕時計投資のメリット・デメリット

    ここからは腕時計投資のメリット・デメリットを紹介します。双方を理解することで、腕時計投資が自分に合っているのか判断してみてください。

    腕時計投資のメリット

    まずはメリットの紹介です。下記のメリットを魅力と感じることができるなら、腕時計投資はあなたに合っていると言えるでしょう。それぞれ詳細を説明していきます。

    ▼憧れの時計を身につけられる
    腕時計投資の最大のメリットは、趣味と実利を両立できるという点です。よほど乱暴な扱いをしない限りは、査定にもほぼ影響しません。投資とは言っても、憧れの腕時計を身につけられたその時点で、心理的には満足できてしまうかもしれません。

    ▼運用コストがかかりにくく、仕組みがシンプル
    投資信託、外貨預金、FX、不動産など、投資にはさまざまな種類がありますが、いずれも手数料などの運用コストがかかります。

    しかし、腕時計の場合、現在は買取業者のサービスが進化し、見積料・査定料は通常は無料ですし、出張査定に手数料が発生しないことも珍しくありません。運用コストがかからないという点もメリットといえるでしょう。

    また、状態を整えるオーバーホールの費用も気になるところです。オーバーホールとは、時計内部のムーブメントを分解し、洗浄、パーツの交換などを行い、状態を整えることを指します。通常数万円かかるため、状態を維持するのが大変と考える人もいるかもしれません。

    しかし、高級腕時計は、定期的なオーバーホールをせずとも一定の価格で売却できますし、たとえ動かなくなってしまっていたとしても買い取ってくれる事業者が増えています。

    ▼情報収集が容易
    株式や不動産など相場の見極めはプロでも難しいものですが、腕時計は同じ年式や型、デザインが複数存在しているため、ネットなどで検索すれば相場が比較的簡単にわかります。

    そのため本来もっと価値のある時計を安く売ってしまったり、反対に相場より高値で買ってしまったりといった失敗を避けやすくなります。

    腕時計投資のデメリット

    続いて腕時計投資のデメリットを紹介します。「リスク」と言い換えることもできますが、デメリットを理解して自分に合っている投資か判断しましょう。
         
    ▼紛失、盗難リスクがある
    自身で身につけて楽しめる一方で、日常的に使用するので紛失や盗難のリスクがあります。

    かといって、自宅にしまいこんだままでは、投資の魅力が半減してしまいます。お酒を飲む場合はつけない、絶対に身体から外さないといった管理を徹底しましょう。

    腕時計やアート作品の劣化を防ぎ、資産価値を守るためには「美術倉庫」がおすすめ。腕時計を最適な環境で保管し、紛失や盗難リスクから守ります。自分で高級腕時計の保管に自信のない方はぜひ利用しましょう。

    ▼インカムゲインやレバレッジを効かせることができない
    腕時計投資はシンプルな投資方法であるがゆえ、レバレッジやインカムゲインというものが存在しません。

    先物取引のように借り入れをしてレバレッジを効かせることもできませんし、債券でいう利子、不動産でいう家賃収入といったインカムゲインもありません。ただし、債券などのへの投資は大損することもあります。ポジティブに考えれば、目の前に実物がある腕時計への投資は、シンプルかつ、比較的安全に続けられる投資とも言えます。

    投資するならこの腕時計! 人気の3ブランド

    ここからは不動の人気を誇る人気のブランドを紹介します。まずは、この3つのブランドを理解し、今後の投資に活かしましょう。

    ロレックス

    ロレックスを外して腕時計投資を語ることはできません。世界トップレベルの技術を誇り、その知名度においても他の追随を許さないため、ステータスは圧倒的です。日本においても例外ではなく、常に需要が高い状態が続いているため、市場価格も下がりにくくなっています。腕時計投資の世界において、ロレックスは手堅いブランドと言えるでしょう。

    そんなロレックスの中でも、高い確率で値上がりを見込めるのが「コスモグラフデイトナ」です。ロレックスで唯一クロノグラフ(ストップウオッチ機能)が搭載されたモデルであり、そのデザイン性の高さもあいまって、瞬く間に売り切れてしまいます。

    新品で購入する場合、並行輸入店や量販店で買うという選択肢もありますが、このモデルは正規店での購入するのがよいでしょう。なぜなら人気が高すぎて、正規店以外では倍以上のプレミア価格がついてしまっているためです。新品ばかりではなく、中古品も価格が高騰しています。

    パテックフィリップ

    日本ではさほど耳にしないかもしれませんが、「パテックフィリップは世界一の時計」との呼び声も高く、腕時計でステータスをアピールするのに、これ以上のものはないとまで言われるブランドです。

    世界中にファンが多く、パテックフィリップならばどれを買っても値上がりするとされていました。近年そういった過剰なトレンドは多少落ち着きを見せてはいるものの、人気は依然として高く、腕時計投資向きのブランドと言えるでしょう。

    オメガ

    オリンピックでもたびたび使われるなど、スポーツと深い関わりをもつオメガも、若い世代を中心に人気があります。オメガのみが採用している技術に「コーアクシャル機構」と呼ばれるものがあります。

    これはムーブメント内のパーツの摩耗を防ぐ仕組みのことで、1回に数万円かかるオーバーホールを行う間隔を長くすることができます。こういったコスパの高さも、オメガが人気を集める理由の1つです。

    腕時計投資の始め方

    ここからは腕時計投資の始め方を紹介します。ここまでで腕時計投資に興味を持って「始めたい」と考えても、方法を知らなければ行動することができません。始め方を理解して、腕時計投資を始めて見ましょう。

    どんなところで売買すればいい?

    では、実際にどこで高級腕時計を購入すればよいのでしょうか。簡単に言えば、新品を買うなら正規店、中古品を買うなら質屋や中古品を扱う腕時計専門店です。もし正規店で入手困難な新品が欲しいなら、中古品を取り扱う腕時計専門店で購入することになります。

    売却を行う際は、買い取り行っている店舗に持ち込んでみましょう。同じ腕時計でも中古買い取り業者によって査定金額が数万円変わってくることもあるため、手間を惜しまず複数の店舗に足を運びたいものです。

    また、インターネットを活用してもよいでしょう。オークションサービスや腕時計専門の中古販売サービスなど、インターネット上で、情報収集や購入が可能です。

    腕時計投資の注意点

    ここからは腕時計投資の注意点を紹介します。実際に腕時計を購入する前にぜひ確認してください。

    ◯使わないでしまっておくのはNG
    「未使用のほうがより高値がつくだろう」と大事にしまいこんでしまうのは、腕時計投資に関して言えば正解ではありません。「自分で身につけて楽しむ」という最大のメリットを得られませんし、長期間しまいこんでおくことで、中の油が固まって内部劣化を起こすこともあります。頻繁に使わないまでも、定期的にゼンマイを回すのを忘れないようにしましょう。

    ◯ロングセラーの定番モデルから選ぶのが無難
    時計も服やバッグ、靴などと同様に、はやり廃りがあります。今現在はやっているからと言って、それが未来永劫(えいごう)続くとは限りません。一過性のブームで終わってしまうことも多々あります。冒険したくないのなら奇抜なモデルは避け、ロングセラーの定番モデルから選ぶのが無難です。

    ◯一定以上の初期コストはかけた方が良い
    腕時計投資を始めるためには、まず腕時計を購入しないことには始まりません。人気ブランドのものとなれば、安くとも数十万円はします。せっかく購入しても、元が安ければ値上がり幅も自ずと少なくなってしまいます。一定以上の利益を得たいと考えるなら、最低でも50万円程度のものを購入したいものです。

    ◯一獲千金を狙わない
    モノというのは、一般的には中古品より新品に高値がつくものです。しかし、高級腕時計は中古品でも価値が下がりくいという特殊な事情があります。よって新品のみを投資対象と考えると、そこまで大きな利益を得られないかもしれません。中古品を安価で購入し、定価あるいはそれ以上の価格になるのを待って売却するほうが効率的です。

    ただし、状態の悪いものをつかんでしまわないよう、特に中古品は信頼できる時計専門店で購入するようにしましょう。相反するようですが、腕時計投資は一獲千金を狙うものではありません。過度な期待をせず「購入し、身につけて楽しみ、もしリターンがあればラッキー」といったスタンスで考えましょう。

    腕時計投資の魅力まとめ

    腕時計投資はシンプルでわかりやすい

    株式投資にせよ不動産投資にせよ、相場の見極めはプロでも難しいものですし、チャートをチェックする時間など、肉体的・精神的な拘束も少なくありません。その点、腕時計投資は、人気モデルを購入し、値上がりを待って売却して利益を得るという、非常にシンプルな方法です。腕時計は同じ年式や型、デザインのものが他にも存在しているため、ネットなどを使えば現在の相場も簡単に調べられます。

    趣味と実益を兼ねられる投資である

    腕時計に興味がないにも関わらず、投資用に購入する人はそう多くはないでしょう。腕時計が好きというのが前提にあり、純粋にコレクションしたり、身につけたりするだけでも満足という人が腕時計投資家として向いています。

    値上がりによる売却益の獲得は副次的なものと考え、まずは趣味として楽しむことが腕時計投資のコツであり最大の魅力です。興味をもった方はぜひ始めてみましょう。
    • SHARE

    関連記事