遊戯王カード投資の魅力とは? 魅力やリスクを徹底解説

    2023.01.26

    遊戯王カードは、国内トップクラスの知名度を誇るトレーディングカードです。独特のゲーム性を楽しむプレイヤーが多いのと同時に、実は投資対象としても注目されています。そこで本記事では、遊戯王カード投資の魅力やリスク、始め方などを初心者向けにまとめました。価値が10倍以上に伸びたカードもあるので、新たな投資対象を探している方はチェックしてみてください。

    そもそも遊戯王カードとは?

    遊戯王カードは、1996年に連載開始した漫画『遊☆戯☆王(週刊少年ジャンプ)」をきっかけに誕生したトレーディングカードゲーム(TCG)です。正式名称は「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」で、発売が開始された1999年以降は全国で売り切れが続出するなど、子どもたちの間で一大ブームを巻き起こしました。

    遊戯王カードの魅力は、ルールが練り込まれたTCGとしての面白さと本格的なカードデザインにあります。中でもレアカードはキラキラ光る装飾が施されており、コレクター魂をくすぐる特別感が演出されています。

    現在では絶版になってしまったカードも多いため、希少性があるものは驚くほどの高値で取引されるケースもあります。

    遊戯王カードを取引する方法

    遊戯王カードの取引方法には、以下のようなものがあります。
    遊戯王カードの購入方法 遊戯王カードの売却方法
    ・店頭やECサイト
    ・特典つきの雑誌
    ・ネットオークション
    ・フリマアプリ
    ・TwitterなどのSNS
    ・買い取り業者
    ・ネットオークション
    ・フリマアプリ
    ・TwitterなどのSNS
    新たに製造されるカードは、店頭や雑誌(Vジャンプ)を通して購入できます。一方、すでに絶版となったカードは他のコレクターから譲ってもらう必要があるため、お目当てのカードによって購入方法は異なります。

    売却方法については、買取業者への相談が最も無難でしょう。ネットオークションなどで高値がついた事例はありますが、ネット上の取引では自ら交渉や各種対応をしなければいけません。

    遊戯王カードは投資対象になる?過去の事例

    ここからは、遊戯王カードが高騰した例を紹介します。

    代表的な事例としては、1999年のVジャンプフェスタで配布された「青眼の白龍(通称:シクブル)」が挙げられます。このカードは1,000枚限定で配布されたもので、現在の推定価格は300万円と言われています。
    また、2000年に開催された大会の賞品である「ブラックマジシャンガール」も価値が高騰した有名なカードです。中でもシークレットレア版は順調に価値が上がっており、2014年頃には30万円、2019年頃には100万円、さらに2020年には700万円以上の値がつけられました。

    引用元: yugioh-starter.com

    そのほか、カード単体ではなくBOXやデッキに高値がつけられた事例もあります。
    遊戯王カードの投資対象 概要
    BOX(ボックス) 公式から販売される箱売りのボーナスパックのこと。定価4,500円で購入でき、人気が高いものは最大50万円の値がつけられた事例もある。
    ストラクチャーデッキ 購入するだけでTCGを始められる構築済みデッキのこと。公式から定期的に販売されており、人気が高いものは数年で3~6倍ほど価値が上昇する。
    トレカ投資は長期保管が基本とされますが、遊戯王カードは数年で高騰する例も多いため、短期的な投資にも活用できるでしょう。

    遊戯王カード投資の3つの魅力

    ここからは、遊戯王カード投資ならではの魅力を3つ紹介します。

    1.保管環境を簡単に整えられる

    遊戯王カードの保管に必要なものは、スリーブ(※)と収納ケースだけです。この2つがあれば、特別な設備がなくても汚れやキズ、光による色褪せをしっかりと防げます。
    (※)1枚1枚のカードを保護するフィルムのこと。

    また、ファンやコレクターでない限りは価値を知らない可能性が高いため、遊戯王カードは盗難リスクが低いという特徴があります。ワインや貴金属に比べると保管・維持コストを抑えやすいので、初心者でも手軽に始められるでしょう。

    2.投資対象のカードが多い

    投資対象のカードが多い点も、遊戯王カードの魅力でしょう。価値が数百倍になるカードはごく一部ですが、数倍~数十倍を狙う投資であれば以下のものが対象になります。
    ○遊戯王カード投資の主な対象
    ・希少性が高い単品のカード
    ・TCGで重宝される効果の強いカード
    ・期間限定で販売されるBOXやデッキ
    ・雑誌の付録
    ・イベントで配布されるカード
    ・限定デザインのスリーブ
    短期間で価値が上昇するカードもあるため、遊戯王カードはさまざまな投資スタイルに合わせられます。

    3.カードの価値を知らなくても投資できる

    トレカ投資を始めるにあたって、「価値を調べることが面倒くさい」と感じている人は多いでしょう。その点、遊戯王カード投資では未開封のBOXやデッキ、雑誌の付録などが投資対象になるため個別カードの価値を網羅的に調べる必要はありません。

    中でも初回生産限定版のBOXは、購入後に保管するだけで価値の高騰が期待できる投資対象です。ただし、購入のタイミングが遅れると売り切れる可能性があるため、基本的には予約購入を狙いましょう。

    遊戯王カード投資のリスクや注意点とは?

    一方で、遊戯王カード投資にはリスクや注意点も存在します。ここからは特に意識すべきポイントをまとめたので、投資を始める前にしっかりと確認しておきましょう。

    保管する環境で状態(価値)が大きく変わる

    遊戯王カードに限らず、トレーディングカードは保管状態によって価値が変わります。光に当たって色褪せしたもの、キズや汚れがついたものなどは、いくら希少価値が高くても取引価格が大きく下がってしまいます。

    そのため、特に個別のカードを購入する場合は、事前に保管環境を整えておきましょう。業者やネットユーザーに売却する際にも、スリーブに入れたままの状態で取引すると安心です。

    管理に自信がない方は「美術倉庫」の利用をおすすめします。美術倉庫はアート作品やウイスキー、ワインなどの資産を保管、管理するサービスです。最適な環境で資産を保管し、取り扱いはプロフェッショナルが対応します。

    偽物が存在している

    数あるトレカの中でも、遊戯王カードは偽物が多いことで知られています。偽物には、以下のような特徴があります。
    ○偽物カードの例
    ・表面の光沢が強い
    ・質感がツルツルしている
    ・印字のフォントが異なる
    ・ホログラムシールがついていない(※)
    (※)初期の公式カードには、ホログラムシールがついていないカードもある。
    偽物の見分けは知識がないと難しいため、不安な人は公式から販売されているものや鑑定済みのカードを狙いましょう。個別のカードではなく、BOXや付録に絞って投資しても十分な対策になります。

    増刷などの暴落リスクがある

    ほかの投資と同様に、遊戯王カードには増刷や人気低迷などの暴落リスクがあります。

    トレカ投資はコレクターの需要があることが前提なので、人気が低迷すればカードの価値は大きく下落します。BOXやレアカードが増刷される可能性も考えると、トレーディングカードは安全資産とは言えません。

    そのため、遊戯王カード投資はあくまで余剰資金で始めることが大切です。また、保管期間が長いほど暴落リスクも高まるため、売却のタイミングは常に意識しておきましょう。

    遊戯王カード投資を成功させるためのポイント4つ

    遊戯王カード投資を成功させるには、知識やスキルに合わせた投資スタイルを選ぶことが重要です。ここからは、初心者が遊戯王カード投資を成功させるためのポイントを4つ紹介します。

    1.まずは書籍やインターネットで知識をつける

    遊戯王カード投資を始める際には、取引方法や相場などの基礎知識をつけておく必要があります。そのため、まずはトレカ投資の基本を学べる書籍やインターネットなどを活用して、投資の流れをイメージしておきましょう。

    遊戯王カードは、すでにネットオークションやフリマアプリで多く取引されているため、これらのサービスを確認するだけでも知識をつけられます。また、公式から新発売されるBOXやデッキ、限定カードが配布されるイベントについても、最新情報をチェックしておきましょう。

    2.プレイヤーとしてもゲームを楽しむ

    書籍やインターネットの情報だけで知識やスキルを身につける自信がない人は、プレイヤーになることも考えてみましょう。遊戯王カードはゲーム性も高く評価されており、プレイヤーとしてゲームを楽しむことで知識をつけられる可能性があります。

    また、効果が強いカードや希少性の高いカードに気づきやすくなる点も、実際に遊んでみることで得られるメリットです。イベントや大会を通してプレイヤーの知り合いの輪が広がれば、トレードによってレアカードを入手できる可能性も高まるでしょう。

    ただし、プレイヤーとして遊ぶ場合はカードが傷つきやすくなるため、管理や取り扱いには細心の注意が必要です。

    3.長期保管するなら新作を狙う

    遊戯王カード投資では、すでに絶版になっているカードが特に高値で取引されています。しかし、絶版カードの投資は相場を細かくチェックする必要があり、偽物も多く出回っています。

    そのため、投資初心者の人が長期保管する場合は、新作のBOXやデッキを狙いましょう。公式が販売しているものは全て正規品ですし、基本的には店頭予約だけで購入できます。

    4.SNSでトレンドを追う

    遊戯王カード投資の情報収集ツールとしては、TwitterなどのSNSが役立ちます。遊戯王カードはSNS上でも取引されており、注目されているカードの情報もリアルタイムで収集できます。

    買取業者が情報発信をしているケースも多いため、SNSのキーワード検索機能を活用しながら効率的に情報収集を進めましょう。

    遊戯王カード投資は初心者でも気軽に始められる!

    遊戯王カード投資は、今回紹介したポイントやコツを押さえれば初心者でも始められます。安いものは数千円から購入できますし、保管にあたって特別な設備が必要ないため、始めるハードルはそれほど高くありません。

    新たな投資先を探している方は、本記事を参考にしながら挑戦してみてください。
    • SHARE

    関連記事