コレクション投資とは?リスク分散や趣味として楽しめる魅力に迫る

    2023.01.25

    投資と聞くと、多くの人は株式や投資信託を思い浮かべるでしょう。しかし、近年ではアート作品やワイン、ウイスキー、腕時計などを対象にした「コレクション投資」が注目されています。

    そこで今回は、初心者におすすめのコレクション投資をまとめました。数万円から始められる方法もあるので、投資資金が少ない人もぜひチェックしてみてください。

    コレクション投資とは?

    コレクション投資とは、金融商品以外のモノ(実物資産)を対象にした投資手法です。アート作品やワイン、ウイスキー、アンティークコイン、スニーカーやフギュアなど多くの投資対象があり、これらの実物資産には以下のようなメリットがあります。
    コレクション投資のメリット コレクション投資のデメリット
    ・金融危機の影響を受けにくい
    ・インフレ対策になる
    ・購入したモノ自体に価値がある
    ・盗難や紛失のリスクがある
    ・保管コストがかかる
    ・インカムゲインのない資産が多い
    上記のほか、投資対象品によっては趣味と実益を両立できる点も魅力の一つでしょう。例えば、アート作品を購入して売却するまで自宅に飾る、お酒を購入して自分で飲めない分は売るなど、コレクション投資にはさまざまな形があります。

    コレクション投資のおすすめはどれ?種類ごとの魅力を紹介

    コレクション投資の対象品には、以下のようなモノがあります。
    ○コレクション投資の対象品
    ・アート作品(絵画、骨董品、彫刻)
    ・ワイン
    ・ウイスキー
    ・腕時計
    ・スニーカー
    ・家具
    ・おもちゃ
    ・カード
    ・アンティークコイン
    ・クラシックカー など
    ここからは特におすすめの実物資産について、投資をするメリットやデメリット、利益の目安などを紹介します。

    アート投資

    アート投資は、絵画や骨董品などの美術品を購入し、価値が上がってから売却する投資手法です。趣味と実益を兼ねるだけではなく、美術品保護という社会的な貢献や節税にもつながるため、世界中の投資家からさまざまな方法で活用されています。
    投資対象 絵画、骨董品、彫刻など
    メリット ・自宅に飾っても楽しめる
    ・価格の急落リスクが低い
    ・100万円以内のものは減価償却資産になることがある
    デメリット ・保管が難しい
    ・贋作(ニセモノ)がある
    ・短期的な投資には向かない
    利益の目安 10年間で2~3倍
    2022年3月、国内オークション最高額の23億円で落札されたアンディ・ウォーホルの《Silver Liz(Ferus Type)》(1963)

    2022年3月、国内オークション最高額の23億円で落札されたアンディ・ウォーホルの《Silver Liz(Ferus Type)》(1963)

    引用元: Silver liz(ferus type), auction sale for andy warhol

    2022年5月には前澤友作氏(実業家)がバスキアの絵画を売却し、数十億円の利益を生み出したことが話題になりました。アート投資の魅力や始め方を知りたい人は、以下の記事もぜひチェックしてみてください。

    ワイン投資

    主にヨーロッパで人気のあるワインも、数十倍の利益を生み出す投資対象として注目されています。管理面が心配かもしれませんが、ワインの受注や保管、保険への加入、売却などを一任できるサービスもあります。
    投資対象 ワイン、ワインファンド
    メリット ・自分で飲んでも楽しめる
    ・時間が経つほど価値が高まる
    ・不況やインフレに強い
    デメリット ・保管が難しい
    ・為替変動リスクがある
    ・短期的な投資には向かない
    利益の目安 平均利回り3~5%程度(インデックスファンド)
    2021年に100万ドルで落札された、ワインメーカー「ジェシー・カッツ」の単一ボトル

    2021年に100万ドルで落札された、ワインメーカー「ジェシー・カッツ」の単一ボトル

    引用元: Healdsburg Winemaker’s Bottle of Cabernet Sells for Record $1 Million - Sonoma Magazine

    ワイン投資では、希少性や人気の高い銘柄を入手できれば数十倍のリターンを狙えることもあります。ただし、ワイン投資にはさまざまな仕入れや売却など押さえておくべきポイントがあるため、以下の記事で概要をチェックしておきましょう。

    ウイスキー投資

    ワインと同様にお酒に興味がある人は、ウイスキーへの投資も選択肢になります。ウイスキーは国内にも人気銘柄が多いので、為替変動リスクを抑えながらの投資が可能です。
    投資対象 国内外のウイスキー
    メリット ・資金に合わせて投資対象を選べる
    ・ワインに比べると保管が容易
    ・国内銘柄でも高騰事例が多い
    デメリット ・保管にやや手間がかかる
    ・銘柄によっては為替の影響を受ける
    ・流動性リスクがある
    利益の目安 利回り8%(ウイスキーファンド)
    2018年にウイスキーとしては過去最高額(84万8,750ポンド)で落札された「マッカラン60年」

    2018年にウイスキーとしては過去最高額(84万8,750ポンド)で落札された「マッカラン60年」

    引用元: マッカラン60年、1億2500万円で落札 ウイスキー史上最高額 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

    ウイスキー投資として選ぶべき銘柄にどのようなものがあるか気になる人は、以下の記事も合わせてチェックしてみてください。

    腕時計投資

    投資に使用できる数十万円以上の余剰資金がある人は、腕時計への投資も検討してみましょう。腕時計には有名ブランドや定番モデルが多いため、初心者でもシンプルでわかりやすい投資として人気があります。
    投資対象 腕時計
    メリット ・憧れの腕時計を身につけて楽しめる
    ・運用コストがかからない
    ・情報収集をしやすい
    デメリット ・紛失や盗難のリスクがある
    ・ある程度の資金が必要になる(数十万円以上)
    ・投資よりも趣味としての側面が強い
    利益の目安 高いものは利回り10%以上
    2021年のチャリティーオークションで310万スイスフランの値がついた、「ロイヤル オーク 15202 “ジャンボ” エクストラシン オンリーウォッチ」

    2021年のチャリティーオークションで310万スイスフランの値がついた、「ロイヤル オーク 15202 “ジャンボ” エクストラシン オンリーウォッチ」

    引用元: 最高額は11億円越え。オンリーウォッチ 2021で驚きの結果を残したユニークピースとは? | 高級腕時計専門誌クロノス日本版[webChronos]

    腕時計投資に興味がある方は、以下の記事で始め方や人気ブランド、注意点などをチェックしてみましょう。

    <<腕時計投資の魅力とは? メリット・デメリットを中心に徹底解説>>

    スニーカー投資

    ファッションに興味がある人には、スニーカーへの投資もおすすめです。スニーカーは仕入先や売却先が多く、安いものは数万円程度から購入できるため、投資初心者や資金が少ない人にもぴったりでしょう。
    投資対象 人気モデルのスニーカー
    メリット ・初心者でも簡単に始められる
    ・仕入先や売却先が多い
    ・モデルによっては数十倍の利益になる
    デメリット ・偽物がある
    ・管理に手間がかかる
    ・希少性が高いだけでは利益につながらない
    利益の目安 高いものは1足あたり10万円以上
    2021年に180万ドルのスニーカー史上最高額(※当時)で落札されたNike Air Yeezyの「Kanye West 〝Grammy Worn〞 Prototype」

    2021年に180万ドルのスニーカー史上最高額(※当時)で落札されたNike Air Yeezyの「Kanye West 〝Grammy Worn〞 Prototype」

    引用元: 最高落札額は、およそ2億円!超絶プライススニーカー3選 | 「仕事が楽しければ人生も愉しい」|GOETHE 男性ライフスタイル誌

    スニーカー投資は手軽に始められますが、利益を狙うには価格が上がりやすいスニーカーについての知識はもちろん、手入れや保管方法についても知っておく必要があります。基本的な情報を押さえたい人は、以下の記事もぜひ参考にしてください。

    <<スニーカー投資の魅力とは? 趣味と実益を兼ねた投資先になるのか?>>

    トレーディングカード投資

    2021年に180万ドルのスニーカー史上最高額(※当時)で落札されたNike Air Yeezyの「Kanye West 〝Grammy Worn〞 Prototype」
    ポケモンカードや遊戯王カードなどのトレーディングカードもコレクション投資です。発売されてから10年以上たった今でも、人気のあるトレーディングカードの売買を通して利益を得る投資方法として知られています。
    投資対象 人気なカード、人気なボックス(箱売りのカード)
    メリット ・初心者でも簡単に始められる
    ・投資対象のカードが多い
    ・保管環境が簡単に整えられる
    デメリット ・偽物がある
    ・増刷など暴落リスクがある
    ・短期的な取引では利益は出ない
    利益の目安 数十万〜数百万円(カード単体、ボックスにより異なる)
    トレーディングカード投資は初心者でも始めやすい一方で、一定の知識が必要です。また、トレンドを把握する必要があったり、短期的に利益が出にくかったりとデメリットもあります。遊戯王カードについて詳しく説明した記事もあるので、合わせてご一読ください。

    <<遊戯王カード投資の魅力とは? 魅力やリスクを徹底解説>>

    家具投資

    2021年に180万ドルのスニーカー史上最高額(※当時)で落札されたNike Air Yeezyの「Kanye West 〝Grammy Worn〞 Prototype」
    ヴィンテージ家具を中心に高級家具などを投資対象とする家具投資もコレクション投資です。特に1950年代頃のミッドセンチュリー家具や北欧ヴィンテージ家具は価値が下がりにくく、投資対象としては安定しており、昨今だとフランスやブラジルのデザイナーによるヴィンテージ家具も注目されています。
    投資対象 ヴィンテージ家具、高級家具
    メリット ・税金対策になる
    ・インテリアとして楽しむことができる
    ・流行に左右されない
    デメリット ・偽物がある
    ・使用しない場合は保管スペースの確保が難しい
    ・他のコレクション投資と比較して情報が少ない
    利益の目安 数十万円
    他のコレクション投資同様、一定の知識、そして興味が必要ですが、人気なブランドやモデルは、手に入らないので価値が徐々に上がっています。

    トイ・フィギュア投資

    2021年に180万ドルのスニーカー史上最高額(※当時)で落札されたNike Air Yeezyの「Kanye West 〝Grammy Worn〞 Prototype」
    トイ(おもちゃ)やフィギュア投資もコレクション投資です。レゴやガチャガチャ、ビンテージフィギュアなど様々な投資対象があります。
    投資対象 おもちゃやフィギュア
    メリット ・初心者でも簡単に始められる
    ・投資対象が多い
    ・比較的保管する環境は整えやすい
    デメリット ・保管するためにスペースが必要
    ・再販など暴落リスクがある
    利益の目安 利回り10〜15%程度(レゴ投資)

    コレクション投資は楽しみながら資産形成を目指せる

    コレクション投資には、紹介したもの以外にもクラシックカーやアンティークコインなど、さまざまな選択肢があります。自分の趣味と関わるものから始めれば、楽しみながら資産形成を目指せるでしょう。

    コレクション投資には株や投資信託にはない魅力があるので、興味が湧いた人はぜひ本記事を参考にして検討してみてください。
    • SHARE

    関連記事